CRMを連携させたマーケティングオートメーションのデメリット

コスト面でデメリットがある

CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)は、会社と顧客の相互的な利益を向上させることを目的として経営手段です。うまく利用をすれば会社の発展に繋がるので重要な要素です。CRMは理想的な手法ですがデメリットもあるので注意しておきましょう。基本的に専用のシステムを導入して運用をする必要があります。そのため運用をするためのランニングコストがかかってしまうことを理解しておくとよいです。イニシャルコスト以外にシステム管理などのために人件費がかかります。CRMはユーザーの数に応じてコストがかさんでしまうデメリットもあります。大規模なCRMほど費用が非常にかかってしまうのでしっかりした計画を立ててから導入を検討するのが良いでしょう。

実際に効果があるのか把握しにくい面もある

CRMを導入すれば顧客満足度を上げることができます。またブランドロイヤリティを上げることもできるので企業価値が高まります。ただそれらの効果が表面上に出にくいといったデメリットもあります。本当にブランド価値が高まっているのか、顧客満足度は上がっているのかを確認しづらいため今後の方向性などを決めにくいです。そのためCRMを途中で打ち切ってしまう企業も結構います。基本的にCRMは売上を上げるためのものではなくブランドイメージを高めるためのものと考えます。ブランドイメージが高まれば客層も決定します。そうすると客層に応じた商品開発をすることが容易です。コマーシャル広告も作りやすくなるので、今後の活動を行いやすくなるものとして利用しましょう。

© Copyright The Best Marketing Automation Software. All Rights Reserved.