CRMとの連携がないマーケティングオートメーションのランニングコスト

CRMと連携しないマーケティングのコスト

CRMとは、自社における顧客の情報を管理して、ニーズをひきだしたり応答するシステムのことです。必ずしも商品を売るためでなく、例えば時期によって通知をだしたり、メールなどで連絡することで、顧客をつかむことができます。CRMと連携していない場合、新たなマーケットを開拓して、顧客を獲得するマーケティングオートメーションを構築するには、ややランニングコストがかかると考えられます。

もっとも、CRMにもランニングコストはかかります。顧客情報の管理や、個別に連絡を入れるなど、繊細なシステムの構築が必要なためです。ですが、あらかじめCRMを行っておくと、自社の顧客のデータをつかむことができるので、新たなマーケティングにつなげることができます。

CRMとマーケティングオートメーションのランニングコスト

マーケティングオートメーションを構築する場合は、まず自社の顧客情報を整理して、分析する必要があります。なぜなら、顧客のデータから、自社のニーズを引き出すことができるからです。逆に言えば、CRMで顧客データを集積していない場合は、マーケティングオートメーションにかかる時間と手間が必要になります。 さらに、マーケティングオートメーションの構築には、常に顧客の新しいデータが必要とされます。そのため、システムを駆動するには、データを追加するシステムの構築まで視野に入れる必要があります。いわば、一から作り出す必要があるので、CRMと連携していないマーケティングオートメーションには、やや割高なランニングコストがかかると予想されます。

© Copyright The Best Marketing Automation Software. All Rights Reserved.