CRMを連携させたマーケティングオートメーションのランニングコスト

CRMの独自開発システムならコストは比較的低い

マーケティングオートメーションにかかるコストは内容によってかなり違いがありますが、CRMに特化するのであれば比較的コストは少なくて済みます。運用するシステムによってランニングコストにも違いはあるものの、サーバーの運用や管理のコストがメインなので1ヶ月あたり2000円から5000円程度で済ませられるでしょう。

ただ、これはマーケティングオートメーションのシステムを独自開発した場合の相場です。独自開発の場合には開発や導入を依頼した業者に費用を支払い続ける必要はありません。その分だけ初期コストが高くなってしまっているということは念頭に置いておきましょう。また、サーバー管理のために人を雇う場合にはその人件費も考慮することが必要です。

クラウドシステムでの相場とは

独自開発システムよりも導入コストが低く、人気が高まっているのがクラウドシステムです。マーケティングオートメーションでもCRM機能に特化したものがクラウドベースで提供されています。クラウドシステムの場合には毎月利用料を支払わなければならないのが基本で、ランニングコストは独自開発システムよりは高くならざるを得ません。大まかにはユーザー1人あたりで2000円から10000円程度というのが相場です。ビッグデータになってしまうと30000円くらいかかってしまうこともあります。

クラウドサーバーは業者が管理してくれる仕組みになっているので独自開発システムのときのようにエンジニアを抱える必要はありません。その分はコストカットができるということも念頭に置いておきましょう。

© Copyright The Best Marketing Automation Software. All Rights Reserved.