CRMを連携させたマーケティングオートメーションのメリット

各部門の進行状況を把握できる

マーケティングオートメーションにCRMを連携させることで様々なメリットが生まれます。システムに重複している部分があり、データの連携もスムーズに行えるのが特徴です。レポートやダッシュボードなどの機能を活用すれば各部門の進行状況も把握できます。売上予算達成に向けたプランの確認はもちろん、アプローチの漏れも防ぎやすくなるのがポイントです。過去の訪問内容を記録しておけば、営業担当が変わって引継ぎが必要になった際にも困りません。商談が他社に決まった場合でも、何らかのきっかけで再度検討が行われるケースも多いです。システムで中止案件の掘り起こしを設定しておけば、再検討の兆しがあるときに営業担当へ通知も届けられます。

進行状況に合わせて通知を届けられる

CRMを連携させたマーケティングオートメーションを導入すれば、売上への貢献や営業生産性の向上も期待できます。CRMで管理している進行状況に合った通知が届くため、より効率的な営業活動を展開できるのも強みです。見込顧客へのアプローチだけでなく、既存顧客の解約兆候も事前に察知しやすくなります。退会ページの閲覧など、解約に結び付く動きがあった場合には特別なキャンペーンを案内することも可能です。一人ひとりに合ったコンテンツを配信すれば顧客満足度の向上にもつながります。ニーズの高い情報を届けることで問い合わせを減らし、カスタマーサービス部門の負担を軽減できるのも大きなメリットです。システムを上手く活用して顧客との関係性を大切にした営業活動を行いましょう。

© Copyright The Best Marketing Automation Software. All Rights Reserved.